新築分譲住宅購入 K様

K様宅

古河市

K様

ご契約種別:
[売買]一戸建て

古河市新築分譲住宅購入 K様

「立川さん」との出会いは年の末にあった選挙の日、会場へ母と散歩がてら歩きで向かう途中でした。
何気なく、現地販売会場の脇を通り、自宅の近くに新築分譲住宅が売られていることに気付きました。丁度、自宅のリフォームなどを考えていたところだったので、新築の住宅の販売価格の看板を見て、リフォームするより近隣の新築戸建を購入するのも面白いかな、と思案していました。
そんなところに、「立川さん」が声を掛けてきて頂いて、内覧させていただいた上に細々と熱心に物件の説明などをしてくれました。
一緒に内覧した母も、明るい室内と採光のきく間取りを気に入っている様子なので購入を検討することにしました。

 

しかし、この不況の中で、新築の戸建の購入に踏み切るにはまだ懸念がありました。つまり、物件の資産価値としてはどうなのか?ということです。自宅にするにせよ、いまどき永住などということは想定外ですから、将来売却する時の販売価値というものは大丈夫なのか、ということです。その時点の相場なりで売却できるのなら問題はありませんが、「投げ売り」で売却するのは困る、ということです。
そんな疑問を率直に立川さんに投げてみましたところ、次のように納得いく答えを頂きました。

 まず資産価値を考える場合、2点に分解できる。すなわち購入物件が相場的に適正価格といえるのか?次に建物自体の家屋・設備等に不具合はないのか?この2点のチェックをすべきでしょう。

この話を聞いて、一つ目の問題については立川さんに近隣相場を調査してもらい、当該物件の価格が概ね相場の価格帯にあることを確認してもらい、その上で販売業者と代理交渉してもらい、販売価格の一定額の引き下げに成功しました。二つ目の問題は、立川さんのアドバイスを受けて、東京のホームインスペクターの専門業者を呼んで家屋・設備の調査をしてもらい、手抜き工事等による不具合が無いことを確認できました。

こうして物件購入を決断したわけですが、購入後に母が当面引っ越しできないことがわかり、せっかくの新築物件なのに人に貸すことになりました。この時も賃貸のシーズンが終了間際であったこと、しかも今回は3年に限定した特殊な定期借家契約を望んでいたこともあり、速やかに契約できるか危ぶんでいたのですが、立川さんのプロフェッショナルなアレンジにより遅滞なく(依頼してから1か月以内)良質な借り手さまと契約に至ることができ大変感謝しております。

なお賃貸した物件は「(株)たちかわ企画」と建物管理契約を締結することになりましたので、立川さんとは長い付き合いになりそうです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。