代表挨拶

 当社は「物心両面の幸福を追求することを旨とし、 同時に共生の心をもって社会の繁栄に貢献します。」という経営理念を掲げ地域社会の繁栄の貢献と社員の幸福の追求を目指しております。

また、「しなやかな情熱を抱き、利他の精神で考動しよう。」というスローガンを日々の朝礼では唱和し

「自身でなく誰かのためにでこそ頑張れる力=利他の精神」を高め意識の統一をしております。

 

 遡ること平成バブルに沸く時代に両親がマイホームを求め、埼玉県川口市より現在の茨城県古河市(旧三和町)へ僕は家族と引っ越してまいりました。

川口市にて両親が所有し家族で住んでいたマンションがバブルの影響で倍近い価格で取引され、その資金を元手に住宅ローンを利用し土地を購入、新築住宅を建て移り住んできたのですが、

そう何年もしないうちにバブルは弾け平成時代の暗雲漂う経済が衰退する時代、父の会社の経済情勢も崩れリストラの対象となり一家の主が職の無い時代を経験しました。

家族内は収入が激減し、今までの当たり前が得られないという不自由が蔓延り、家庭内には暗い話が充満し希望という光が全くみえない悲壮感の漂う中、僕は青春時代を過ごしました。

その中にバブル期に両親が購入したマイホームの住宅ローンの金利の支払いなどが大きく家計にダメージを与えており住宅を売却するかしないかなどの話を真剣に両親が話していたことなどが

僕の脳裏に今も深く刻まれています。

 

不動産に笑い喜ばされ、不動産に泣かされ苦しめられる

 

 人生を大きくも良くも悪くも左右させてしまうほどの不動産という金融商品でもあるマイホームは人の心を執着させてしまうほどの魅力があり、僕はいくつかの疑問を思い抱きました。

その答えを知りたくて、自身で建築大工の職を通して不動産と関わり、プライベートの時間を利用して不動産に関して時間を見出しては書物やセミナーなどの勉強会などを通して学びました。

社会人となり建築大工の職人時代の道中で関わる取引先には不動産取引に関わる方も多く、その何故という僕の問の答えを持つ方たちと多く出会いました。

 

そういった経緯の中、僕と同じような苦しい思いを不動産を通して感じてもらいたくない、明るく楽しい日々を不動産と関わり生活してもらいたい‼

という深い想い、また強い願いからこの会社は誕生しました。

 

その為にも、

 

~ミッション~

私たちは地域や社会を信頼で結び、不動産を有効に活用することで人と街を元気にします!!

【GROWS TOGETHER(共に成長する)】

 

この創業者である僕が担っているミッションは必ず達成しなければならない。

 

また、その先にある

 

~ビジョン~

私たちは地域で一番信頼され選ばれ続ける「不動産会社」を目指します!!

MOST SELECTED(最も選ばれる)

 

僕たち株式会社タチキカックス社員一同は、一人一人のお客様と真剣に向き合い曇りなき真実を公明正大な心持ちの中お伝えし、信頼し安心でき任せられる不動産会社を共に築いていきます。

 

 

最後に、当社の信条であるクレドのお話をさせて頂きます。

「幸 楽 豊 明」(こうらくほうめい)

 当社一同は幸せを得るためには、明るさを自身で選択し、行動し続けなれば得られないものだと考えます。

 幸福感を他人や自然などの外的要因に委ねるのでなく、自身の力で幸せを引き寄せ得られるような行動は明るさが事の初めにあるものです。

 

幸 ← 楽 ← 豊 ← 

 

僕たち社員一同はお客様に満足していただける感動を越えるサービスを提供するためにも自発的に考動できなければなりません。

それは一人一人がリーダーでなければならないという言葉にも言い換えられます。

 

そんな、不動産取引に真剣に精進する日々を過ごせるのも今まで取引でお世話になり企業として育てて頂いた方たちのおかげでもあります。

この流れを止めることなく地域社会のお客様の不動産に関する課題解決のため、社員の物心両面の幸福の為、また関わる全ての方たちの豊かさを存続させ続けるためにも

僕たちは些細な可能性すらも明るさという心の太陽ともいえる信念を胸に抱きこれからも果敢に挑戦し続けていきます。

 

 

 

株式会社 タチキカックス

   代表取締役社長 立川徹

 

 

立川 挨拶用