ホーム  >  住まいの税金  >  不動産取得税

不動産取得税
カテゴリ:住まいの税金

住宅の建築や不動産の購入が終わったところで、次に待ち受けている税金が不動産取得税です。これは都道府県が課税する地方税で、不動産の売買・交換・買いかえ・贈与など、不動産の取得に際して課せられる税金です。税率は取得した不動産の課税標準(固定資産税評価額)の4%となっています。ただし2021年3月31日までは土地(住宅用地・排住宅用ともに)の税率と住宅用建物の税率は3%。そして、新築住宅には床面積50㎡以上240㎡以下を対象に1,200万円の控除、中古住宅は①床面積が50㎡以上240㎡以下②1982年1月1日以降に新築されたものであること。または、現行の耐震基準に適合していること(入居前の工事も可)。この2つを対象に控除が受けられます。

■中古住宅は次の金額が評価額から控除されます(※2021年現在の場合)

新築された日

控除額

1954年7月1日~1963年12月31日

100万円

1964年1月1日~1972年12月31日

150万円

1973年1月1日~1975年12月31日

230万円

1976年1月1日~1981年6月30日

350万円

1981年7月1日~1985年6月30日

420万円

1985年7月1日~1989年3月31日

450万円

1989年4月1日~1997年3月31日

1,000万円

1997年4月1日以降

1,200万円

ページトップへ